50代のシミ対策 内側からのケアがお勧め!

美白コスメを 捨ててから その後

何度かブログに書いているが、
私は 肌断食を始めたころに、
いわゆる 美白の化粧品、美白コスメを
すべて捨ててしまった。

美白の有効成分は、どんなにすごいものが発見されようとも
肌の外側からは浸透は難しい。

何故なら 肌にはバリア層があり、
成分が内部深くまで入って行かないようになっているからである。

446291

もし、
いろいろな化学的な強力な美白成分を
バリアゾーンを突き抜けて、
肌を作っている真皮部分までに到達させているなら、
かなり強い浸透技術を使っているコスメということになる。

それって 短期間ならともかく、
ずっと長期間使うのは 肌に穴を開けるようなもので、
いいとは到底思えないのだ。

その証拠に、シミが気になってしょうがなかった
30代後半、 高い美白コスメを真剣に頬に塗り重ねていたころ、
シミは若干薄くなったような気はしたが、

美白コスメを塗っているほおの上部部分だけ
他と比べて妙にシワッとしていて
肌が乾燥気味だった。

この不自然な状態は肌断食して、
美白コスメをきっぱりやめてから1年ほどで
気が付くと 無くなっていた・・・不思議。

シミが出来にくい肌質になろう!

私の考えでは、シミを作らない習慣は次の4つだとおもっている。

① 紫外線を出来るだけ 肌に浴びない(当たり前すぎるけど)

② 刺激の強いコスメを使わない オイルクレンジングを使わない

③ 肌をマッサージで指でこすったりして摩擦を与えない

④ 活性酸素を除去する食生活にシフトする

抗酸化な 食生活

活性酸素が日々生まれてしまう私たちの身体。
老化とともに活性酸素は増えてしまうが、

抗酸化物質を含む食事を心がけることで、
かなり改善できる。

抗酸化物質とは、有名なところだと
ビミタンCやポリフェノール(赤ワインに含まれる)、
アスタキサンチン(鮭に含まれる)。
トマトのリコピンも有名。

特にビタミンCは定番。取りやすいし安価。

先日、高濃度ビタミンCを皮膚科で点滴して導入している友人が

「日焼けしにくくなったし、シミや肝斑が薄くなったのよ」

というのを聞いて
内側からしっかりビタミンCを持続して取ることは
美肌に有効なんだなあと思った。

この夏、 ビタミンCをとにかく体の中に不足しないようにたっぷり
取るように気を配った。

普段飲んでいるサジーや、青汁、
POLAのサプリメントにもビタミンCは含まれているが、

ご存知の通り、ビタミンCって、
ストレスであっという間に消費されてしまう。
私と家族はタバコは吸わないが、喫煙は激しくビタミンCを消費する。

そして摂り過ぎても余った分は尿になって排出されるので
とにかく日々多めにコンスタントに摂取が
ビタミンCの取り方としてお勧めの摂取方法である。

市販のビタミンCサプリでもいいが、とにかく大量に摂取するなら

↓こんな 1kg入っている 粉状のものあり。

ビタミンC(アスコルビン酸)1kg 粉末・100%品 食品添加物規格 1cc計量スプーン付き
  • ヘルシーカンパニー
  • 価格   ¥ 1,470
  • 販売者 ヘルシーカンパニー【基本エリアは全品送料無料】
クリックして今すぐチェック

アルコルビン酸とは ビタミンC。
ちまちまと ケチケチ摂取するよりも
どかんと 継続して ビタミンCをたっぷり取る。

これって すごく美白以外にも
風邪ひきにくいとか疲れにくいとか有効。
コラーゲン産生にビタミンCは必須なので
ビタミンCが常にたっぷりある体。という状態は いろんなことが期待できると思う。

肌のバリア層を守るケアも有効

肌の外部からのいろいろな刺激。

紫外線。
こっすたり パッティングしたりなどのコスメを付ける時の物理的摩擦。
コスメの化学的な刺激。
蚊に刺されたり、傷跡を作ったり。

下着や寝具との摩擦。

そういった刺激は 肌の奥のメラノサイトを刺激して、
どんどんメラニンを作り続ける刺激の元となる。

773129

肌が暴走して メラニンを作るのを止めさせるには
そういった刺激を与えるのをトコトン止めるといい、と
いう考え方。

オイルクレンジングを止めると、
肌にのっかったメイクを毎日クルクル擦り落とすという
肌に摩擦を加えることは激減する。

せっけんを泡立ててその泡で洗うだけで落ちる
ファンデーションに切り替えた。

現在私が愛用しているベアミネラルのCRティンテッドジェルクリーム。
せっけんで落ちる。↓↓

こちらのCRティンテッドクリームは専用ブラシで
ササっとつける。 なるべく 肌を擦らないように気を付けている。
極力、肌表面を指やスポンジで
こする行為はしないようにしている。

さらに スクラブや毛穴パック、
肌を水浸しにするシートパックも
肌表面のバリア層を弱くしてしまうと思っているので
バッサリ止めてしまった。

化粧水は つけてもつけなくても どっちでもいい。
何故なら ほとんど成分が水だから。と気付いて捨てた。

単に「ひんやり気持ちいい」という理由で付けてもいいが、
お金もかかるしかさ張るし、面倒だから 止めてしまった。

基礎化粧品の品数を減らすと
劇的に肌を擦ったり刺激を加える回数は減る。

これが、実はすごく メラノサイトの活動を刺激しないことに
繋がっているのではないか?と思うのだ。

また、肌のバリア層の健やかな構築を補う
クランセルクリームを使い始めてから
3~4か月ぐらいで 敏感だった肌が丈夫になり、
バリア層がしっかりしたなあ~と実感。
肌が痒くなったりするこも減った。

(クランセルクリームの詳しいお話は こちら

さらに コラーゲンサプリで
肌の繊維芽細胞を刺激して新しいコラーゲンを生み出すよう整える。

(POLAのコラーゲンサプリのお話は  こちら

そういう肌のサイクルに落ち着いたころから
肌がさらに丈夫になったような気がする。

肌が丈夫になると
シミは出来にくくなる

そういう 肌を休める、
肌の角質を守るケアに切り替えてから
肌のトラブルは減り、吹き出物が出来たりすることもなくなった。

毛穴や角栓も目立たなくなった。
鼻の毛穴、昔は パックリして キタナイ角栓がニョキニョキしていたのに
それもなくなった。

そして 不思議とシミもできにくくなった。

DSC_6341

現在、コンシーラーが要らない状態に。

日焼け止めに ベアミネラルのクリームをささっとつけただけ。 ↑

そして、最近 ボンヤリしたクスミのようなシミも
目立たなくなったことに気づいた。

春から飲んでいるPOLAの飲む美白サプリ

以前、頬のボンヤリシミが薄くなったような気がする・・
という報告をしたが、

(その時の記事は こちら

【POLA】ホワイトショット インナーロック IX
を この夏もずっと飲んでいた。

DSC_3035

はっきりと劇的な効果と言うより、
なんか 明るい照明の下で見る肌が、
黄色いクスミがさらに薄くなったと気付く。

つい気になり ファンデーションを塗り重ねていた頬の部分が
重ね塗りが不要になった感じ。

肌の奥深い部分で

濁ったような肌の色ムラが改善された・・ような実感。

これって この内側からの美白サプリが良かったのかな?と思っている。

じわっと 内側から 改善する 美白。
そんなことを実感できた。

ひきつづき 肌の透明感のために

【POLA】ホワイトショット インナーロック IXは継続中。

顔だけでなく、デコルテや背中なども白く透明感を保ちたい。

それには塗る美白より、飲む美白の方がはるかに効率いいはずだ。

50代のシミは てごわい

50代になって 肌に居残るシミは
もはや 普通のターンオーバーでは消えない頑固なシミ。

それって やはり 肌の奥で
どんどんメラノサイトが暴走を続けてしまっているせいだという。

また、日々生まれる活性酸素が肌の老化を招き、
特に日光に当たっていなくても、どんどん
老人性のシミも増えていく。

新しいフレッシュな肌が生まれにくくなって
クスミがちな肌にもなる。

根本的に食生活を気を付けて、
体調や栄養状態にも気を配らないと
シミとのいたちごっこになってしまうような気がする。

これからの人生、ずっと高い
美白コスメを買い続けて
美白コスメを塗り続けるよりも

徹底した体の内側から抗酸化。

そのメソッドの方が 5年後10年後の肌の白さや透明感は
変わってくるのではないかと思っている。

毎日 ビタミンCを欠かさず。
野菜や果物もたくさん。
肌を擦らない、刺激の強いケミカルなコスメで浸さない。

今まで通り、徹底して内側からの美容。

それが シミとクスミと戦う最も強力なメソッドだと思う。

シミは肌の内側から作られている。

だから 内側から防ぐ。

身体の抗酸化 = 肌の美白・老化防止

という図式を信じて、
取り組んでいきたいと思います。

★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る