50代 たるみを改善させる方法 ③

たるみさえ なければ 劇的に印象は変わる!

世の中いろんな美容があり、いろんな観点切り口があるが、

一番パッと見の効果が高いもの、
すなわちここさえ押さえれば
他はさぼっても何とかなる、というポイントがあると思う。

そのポイントは 私見で恐縮だが、
以下の4つだと私は思う。

①とにかくまずスリムであること。
   (がりがりに痩せる必要はないが服の外からすっきり見えるのは必要)
②顔にたるみがないこと。
③髪が綺麗であること。
④歯並びが綺麗で歯が白いこと。

逆に多少のシミとか細かいシワとか、まつげが長いとか短いとか
脚にムダ毛があるとか(笑) それは意外とどうでもいいことなのである。
自己満足の世界で美意識を高く追及する際に極めればいいことである。

②の件に関して補足。

美肌で一番大切なのは実は たるみをつくらない、ということだと思う。
美白とかあまり意味はない。

なぜなら

街中で100m先から歩いてい来る女性が
だいたい何歳くらいか 人はおおよそ言い当てられる。

100m先だから細かいシワシミなんかわかない。
けれどちゃんと60歳なのか30歳なのかは遠くからでもくっきりわかるのだ。

それは 顔の輪郭や顔の影、タルミといった立体の情報が
瞬時に目に入ってくるからなのだ。
それはいくら化粧をしても全く隠せない情報なのである。

逆にたるみさえ改善すれば、瞬時に全体の印象は若返る。

だから、たるみと向き合い、戦う美容はとても重要だと思うわけである。

私はそれに気づいてから
美白の化粧品にお金をかけるのはやめてしまった。

メラミンが出来ようが出来まいが、実はあまり全体の印象は変わらない。
紫外線の害はわかっているから、
日焼け止めはしっかりつけるし、帽子や日傘で防御はするが

美白

というものに必要以上に取り組むのはやめてしまったのである。

それよりも

フェイスラインのシャープさを保つこと、
目の下にたるみを絶対に作らないこと、
法令線防止に全力注ぐこと。

それが見た目の若さの多大な影響を及ぼすと信じて
真剣に取り組むようになった。

今のところ、前述の顔体操が一番効果があると思って続けている。

いろんなコロコロ美顔器も一通り買って試したが、
一瞬は効果が出るように思うが持続性がないと思う。

自前の筋肉を鍛えるしかない。

体同様、顔も筋肉でしか整ったプロポーションは作れないのである。

【こちらの記事もどうぞ】
たるみについてその他に対処できる方法は?

サプリを飲んで肌の弾力を保ったり、
美顔器で肌を生まれ変わらせたり・・・

他にもいろんな方法がある。

いろんな観点から たるみにガツンと有効なのは何か?を
こちらの記事に書いています ↓

たるみを改善する化粧品ってあるの? たるみに一番効果ある方法は?
50代でもまだまだ 肌は改善できる! 昨年に、私に合ったコラーゲンサプリに出会えたことで、 日増しに キメが整ってきて、 ...

★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る