50代 声と話し方のアンチエイジング

オバチャンは声が大きい??

娘と街に出かけて カフェなどに入るといつも言われることがある。

「ママ、声大きいよ!恥ずかしいよ!」

そうかしら・・・と思うものの

確かに街中である程度の年齢の女性のグループというのは声が大きい。

いや、10代だって20代だって 女はグループになっていると
いやがおうでも声は大きくなっている。

甲高い声で騒いで 電車の中や喫茶店でひんしゅくを買っているのは
いつも女のグループである。

どうして声が大きいと感じるのか

photo-1472746729193-36ad213ac4a5

でも10代~30代ぐらいまでは

「きゃあきゃあ騒いでいるな」という印象になるだけであるが、

40代50代になると 何故

「オバチャン、うるさいよ~」

という印象になるのであろうか?

それは声や話し方が
大きく異なるからではないかと気付いた。

誰も人の話を聞かないオバチャン達

とある日、

青山のカジュアルなセルフサービスのカフェにて
50代後半か60ぐらいの女性達がにぎやかに6人集まって入ってきて、
大きいテーブルに席を確保した。

いやな予感がした。

その後、案の定、
すごい大きな声で1時間、彼女たちはずっとしゃべっていたのである。

とても楽しそうだったので、それはそれでいいとは思うが、

声が大きくて、話の内容が狭くはないカフェの隅々まで響き渡り、
同じ空間にいた人達は、イヤホンで耳をふさいでいない限り
彼女たちの話が一部始終一緒に聞くはめになったのである。

私も その話をずっと聞くことになった一人であるが(笑)
不思議だったのは

6人が 同時に 全員一緒に 話をずっとしている ことであった。

一人が 「ちょっと聞いてよ」と話を始めても誰も聞いていない。

話終わる前に違う一人が「 そうそう、この間 ハワイに行ったときにね・・」と話はじめ

誰か違う人がまた「あら、〇〇さん、その指輪、新しく買ったのね!」とか違う話題で
ツッコミを入れる。

話題はめまぐるしく変わり、誰も自分の話を聞いていないことに不満も感じないらしく

しゃべりたいことをずっと一時間しゃべり、人の話に耳と傾けようとせず、

だれも司会者気取りで「意見のある人は手を挙げてからしゃべってよ」

この場を仕切ろうとする人もいなかったようである。

そして帰り際。

「今日は本当に楽しかったわ~」

と全員が全員、本当に満足げにうなずき、
お会計をして出口に行くまでもずっと喋りとおし、
消防車のサイレンのごとく、ドップラー効果をおこしながら
青山通りに消えて行ったのである。

カフェには静寂が戻った。(笑)

そこに居合わせた人は苦笑しながらも 安堵の表情を浮かべていた。

pexels-photo

オバチャンは何故人の話を聞かないのであろうか。

私はこの話を娘にした。

娘は

「まるっきりママみたいじゃん!」という。

え?そう? 大汗。

私は反省した。

確かに。
確かに。

友人たちとランチやママ友会などで居酒屋に集まると

思い起こすと声は大きく、反応が大げさで、自分がしゃべりたい時は

ずっとしゃべっている。

これって もう大変な 老化の一種なのではないだろうか・・・・

pexels-photo-296882

声と話し方に老化は現れる

たまに仕事で電話で話するだけで 実物に合うと
そのギャップに驚くことがある。

しっとり大人っぽい声だったのに 会うと意外にまだ20代後半だったり

その逆も。

透明感ある 綺麗な話声、
やや 控えめで初々しさのこる話し方。

図々しさや大げさな感じが全くない、彼女の電話での話しぶりに
てっきりまだお若いお嬢さんだと思い込んでいたのに

会ってみると しっかりベテランで40代の女性だった。

顔の手入れにはげむ前に話し方を是正しよう

私は考えた。

顔の手入れをしている場合ではなかった。

コラーゲンを飲むことばかりに執心している暇はなかった。

話し方。

それが知らず知らず 怒涛のごとく 中年らしくなっていたことを

野放しにしていた。

なんとかせねば。

いや、まさか 20代そこそこの 女子のように きゃぴきゃぴと甘えた声で話そう、
ということではない。もちろん。

ただ

「聞いてよ、ちょっと」

「私が私が」

「えええええ そうなのぉおおお」

「っつやっだああっつ 」

「そうよねえ そうよねえ」を繰り返す

と 舞台の上でセリフを言う女優のような 大げさな声。

結論のない話をダラダラする。

グチを通り越して ドスの効いた声で 意見陳述する。

明石家さんまさんのように 大げさに腰砕けで がはははと リアクションする。

「そんなそんな ウチなんて 全然~ 」とやたら謙遜して後ずさりばかりする。

これらはみんな 女から 若々しさを奪い取ってしまう話し方だと思う。

そして 私が常日頃 まるっきりやってしまっている話し方そのものではないか、
と気付いたのである。

綺麗な話し方を心がけよう

夫からよく言われる。

「・・・・結論だけ 先に言ってくれない? お前の話長いから」

ヒドイ。でも気持ちはわかる。

男性が聞いてもイライラしない、簡潔で 聞き取りやすく 静かな話し方。

これが 50代の目指す話し方ではなかろうか。

「綺麗な若々しい話し方」の練習は
夫相手にすればいいのかもしれない。

そう気づいた私。

実践した どうなったか

静かな明るい透明感ある声で(注意:当社比) 夕飯時に 言葉数少なく
結論だけを夫に伝える私。

「・・・ねえ 何か今日静かだけど ・・・ 具合悪いの??」

と夫や家族。

声と話し方のアンチエイジングなんて

あまり意味はないのかも。(笑)

そういう結論。

あ、

結論先に言えば良かったですね???

結論をタイトルにすればよかったですね??

話長くて・・・・ご容赦。(笑)

★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る