50代にお勧めのメイクコスメは? 古いメイクを変えよう!

新しいメイクコスメを久しぶりに買いました

DSC_0358

最近、ものすごく久しぶりに
メイク用コスメを買った。

今はやりの THREEの グロスと、
リキッド上の手で塗るアイシャドウ、
ウイスパーグロスフォーアイ。

どちらも 艶やかで、自然に仕上がる。

粉っぽっくならないので、
キメが荒れがちで艶がない 50代の肌に ぴったりだ。

私は、実は メイクコスメに ほとんど興味がないので、
デパートのコスメ売り場をうろつくことも 滅多にしない。

私の現在愛用のコスメ

DSC_2181

現在所持しているメイクコスメはこちら。

この写真を撮ったのは一年以上前だが、
この時から、ほとんど変化なし・・という状態を保持してきた。

ファンデーションは「石鹸で落ちる」を優先!

ファンデーションは「石鹸で落ちる」ということに
一番重きを置いているので、「ベアミネラル」を愛用。

カバー力がすごくあるのに、
肌に優しく、石鹸で落とせるのがすごい。

オイルクレンジングが肌を乾燥肌に導く。
かえって毛穴を開かせる。

ということに気づいてから、キツイ クレンジングを止めたのだが、
これが私の一番の肌を乾燥から救ってくれた。

洗うことの大切さというものを美容雑誌はこぞって言うが、
実は人の肌は、自浄作用があり、
ほおって置いても 肌は生まれ変わる。

だから 必要以上に洗うのは、かえって肌の健やかなターンオーバーを乱す。

角質培養 

というう新しい美肌メソッドを知ってから、
迷ったら「洗わないこと」を実践。

だから 洗い残しがあっても、
肌を荒らさない、肌に優しいファンデーションを選んでいるのだ。

アイシャドウはスティックタイプを愛用

アイシャドウはクリニークのスティック型を愛用。
片手で塗ることができて便利。艶感もある。

どうしてもパレットのパウダータイプって、
粉が飛び散って、手や服が汚れがち。

cosmetics-1849679__480

さらに、4色とかあると、絶対にどれかが先になくなり、
他の使わない色が残り、結果、中途半端に使いかけのアイシャドウが
コスメボックスに残っていく。あれがイヤ。

よって、アイシャドウパレットを一時、思い切って
ごっそり捨てて、こちらのクリニークのものだけにした。

これが大正解。

コスメボックスはすっきりするし、
粉が飛び散らなくて汚れない。最後まで使いきれる。
気に入った色だけリピートできる。いいことづくめ。

今回買い足したTHREEのアイグロウも スティック型で
チョンチョンとまぶたに乗せることが可能。

塗りやすく、なじみやすい。

口紅はグロスで

DSC_2181

右端のキャンメイクの口紅は、あまりに素晴らしいのでもう10本ぐらい
リピート中。色は2番が一番好き。

↓↓

50代が口紅で一番 気を付けなければいけないのが、

唇のシワ感を強調してしまう 口紅」

これって、一発で 老けて見える。

唇が艶やかであることが大事。

電車の中でも、粉っぽっいシワっぽい
ファンデーションの厚塗りに、
これまた ペンキのようなマットな口紅を塗って
唇がシワシワになっている女性を見かけると

・・・・残念。

もっと艶感 重視のメイクをすれば お綺麗になるのに・・・

と思ったりする。

(私もきっと他人様から 似た類のこと、思われているかもしれないが)

50代のメイクで大切なのは ツヤ!

私はメイクに興味がないので、
あまり偉そうなことは言えないのだが、

とにかく50代のメイクで一番大事なのは

とにかく

とにかく

艶感

ではなかろうか?

多少、シミやくすみが 見えてもいい。
艶を残してファンデーションを塗る。

チークも艶っぽいものを。

口紅も もしかすると グロスだけでもいいのかも。
その分、眉やアイラインをきちんと丁寧に引く。

ファンデーションは薄くし、
その分頬の高いところに
艶のでるハイライトを頬に乗せるテクニックも実践している。

ツヤツヤ頬にみせるハイライターの記事はこちら

↓↓

50代 くすみを解消! ツヤツヤに見せるハイライターを発見!
いいハイライター見つけました! 私は コスメを断捨離して、 最小限のメイクアップ化粧品しか持っていないお話は 以前記事に書いた。 ...

艶がある。

これが物凄く重要だと思う。

アイシャドウも 艶感 重視で選ぶ!

「ひょっとして、アイシャドウも いまいち
シワシワ感が強調されているかも・・・・」

と最近になり、不安になった私。

さらに 濃い茶色とか、濃いグレーとか、
50代がつけると

まさに シャドウ(影) ➡ くすんでます?

という状態にまぶたがなっているのでは・・・と気づく。

はっきり言って キチャナイまぶた。
それになっている気がする。

そこで、もっと艶のある、透明感のあるまぶたにしよう!

と思い立って買ったのがこちら ↓↓

DSC_1029

↓↓

コスメキッチン ナチュラグラッセのアイシャドウ

コスメキッチンで買いました。

植物オイルと着色パールの光の効果で、濡れたようなツヤ透明感立体感を与えながらデリケートな目もとを健やかに保つ、なりたい印象で選べるソリッドアイカラー。

植物オイル配合。成分チェックしたが、さすが、ナチュラルコスメ!!
目の皮膚に優しい配合だ。

パウダーではなく、クリームっぽい質感。

DSC_1032

こんな感じで 発色も良く、薄く伸ばすと、
まぶたに 待望の 透明感 が生まれる。

これでメイクした日、

「まぶたが明るくて、今日は顔が明るく見えるわよ」

と友人がほめてくれた。

そうか・・・50代に必要だったのは

ではなくて

透明感・ツヤ

だったのだ!!

50代 メイクが古いと女は古くなる!

50代は、むしろメイクコスメを
最新のものに アップデートした方がいいのでは?と最近思う。

ずーーーつと気に入っているメイクコスメを
シツコク使っている私が言うのもなんだかな?だが、(笑)

友人でいつも 今っぽい、旬な顔な感じがする美女がいて、

「メイクこそ、こまめに 流行を取り入れるべきよ」と言う。

「いまだに ふるいーーーーーーー メイクをしている
同年代の女性を見かけると、
直してあげたい衝動に駆られるわ。」

という。

「それって私。。???」

「うーーーん、そうね、、、、ちょっと メイク、古いかな、、」

と。がーん。(笑)

そこで 彼女のアドバイスに従って

TRHEEのコスメカウンターに行き、
店員さんお勧めのアイテムを買ったのだ。

新しいコスメはやっぱり 違う。

色も艶感も。センスがいい💛

50代は メイクコスメを更新しよう!

これからは めんどくさがらず、たまには
メイクものも、流行情報に敏感になろうと思う。

50代の女性が古臭く見える原因は主に3つ。

①ファッションが古い

②髪形が古い

③メイクが古い

ファッションは変えても、
結構この③を変えていない人って多いと思う。

例えば、私とか、私とか?、それとか 私とか。(笑)

旬な空気をまとうために、

今度の週末、メイクコスメを最新のものに変えるべく
デパートのコスメカウンターに行ってみませんか?

お勧めは

THREE、MAC、
ジル・スチュアート、 ADDICTION

あたり。

ナチュラルコスメが好きな方は
コナチュラグラッセがおすすめ。

メイクを一新して

旬な空気をまとう、
いい女になろうではありませんか!

THREEは↓↓Amazonでも買えます。
しかもデパートより安い!

★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ユニット アドセンス
スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る