50代 保湿クリームで乾燥しない肌になる!お勧めの方法は?

乾燥に悩まない肌になりました

DSC_6341

30代40代前半の頃、
本当に肌の乾燥に悩んでいました。

化粧水パックやシートパックで肌をヒタヒタに潤しても、
高い美容液を塗っても、美容オイルを付けても
パナソニックのスチーマーかけて寝ても(音がうるさくて捨てました。。。)

いつも乾燥していて、艶がなく、キメが荒く、
そのせいなのか ぱっくり毛穴が目立っていた。

でも以下のことに気を付けて
スキンケアを大改善してからは、
乾燥してるな~と 悩むことはなくなった。

スキンケアで止めたこと

・オイルクレンジングを止めた

・落ちにくいファンデーションをやめた

・朝の石鹸洗顔を止めた

・スクラブをやめた

・化粧水を止めた

・アンチエイジング美容液を止めた

そして、

「肌の乾燥は 表面のバリア層がしっかりしていないからだ」

と気付き、

角質を健やかに保つ、
肌の表面のバリア層を大事に守る

というメソッドに切り替え、
バリア層の細胞間脂質をみっちり埋めるように
セラミドを補給する保湿ケアに切り替えた。

スキンケアで行ったこと

・セラミドを補う保湿を徹底して行う

これが大正解!

とにかく汚れを取らなくては
スクラブして古い角質を削り落とさなければ
化粧水をいつもヒタヒタに肌に乗せていなければ

・・・という自分に合わないやり方をキッパリ捨て、
とにかく角質、バリア層を守って
健康にすることに気を付けるようになってから

どんどん 乾燥は収まり、
敏感肌も収まり、
意味不明な吹き出物もできなくなり
もちろんニキビも全くできなくなり
毛穴も徐々に目立たなくなり
細かいちりめんジワも目立たなくなってしまった。

おそるべし バリア層のパワー!
おするべし セラミド!

細胞間脂質が 水分保持のカギ!

ここでおさらい。

角質細胞の間を埋めているのが 細胞間脂質

↓↓

DSC_7395

※クラウンセルクリームのパンフレットより

この細胞間脂質はセラミドを補うことで
しっかりと隙間の無い状態にできる。

隙間がみっちりと詰まっている角質細胞は、
健康なバリア層となって水分が蒸発しにくく、
また、外部からの刺激も受けにくいのだ。

逆に、隙間がスカスカだと、どんどん水分は蒸発していき、
外部からの刺激が肌を直撃してしまう。
外部からの刺激が伝わると、
メラノサイトを刺激してシミになったり、

「やばい!バリア層が弱い!」
と危機感を感じた肌が、自分を防御しようとして、
皮脂をやたら分泌したりしてそれが結果、毛穴を開いてしまったりする。

悪循環はここにあるのだ。

これを絶つには

とにかく 徹底して 肌にセラミドを補い、バリア層を強化する。
そして同時に洗いすぎない、 角質を削らないケアが有効。

そのことに着目してスキンケアを徹底的に
方向転換したのである。

バリア層がしっかりすると乾燥しない

「もう 乾燥がひどくて バリバリ。
日中、ランチの後にお化粧直しの時、
顔の保湿クリームを塗りなおすのよ」

という乾燥肌の友人がいるが、
私も昔はそうだった。

でも今は朝フツーにお化粧したら
日中、口紅を塗りなおす以外のメイク直しはしない。

何故なら化粧崩れもしないし、
乾燥してファンデーションが粉吹くこともなくなったからだ。

いつほっぺに触っても、ジットリ、しっとりしてて
カサつくことは無くなったのである。

肌は 自分で水分を抱え込む力を持っている

子どもや赤ちゃんは当然化粧水やクリームなんぞ塗らなくても
たっぷり水分を含んだ肌をしている。

これは、肌に水分保持力が備わっているから。

大人になると、この力がどんどん衰える。
だから 残念ながら外から補ったり、
内側から補ったりすること必要。

内側からセラミドを補う方法は、
コンニャクと食べたり、サプリも市販されている。

でも セラミド補給に関しては
内部からよりも 外部から補給の方法がお勧め。
ハッキリ言って肌の上から塗る方が早く効果的だと思う。

私が1年以上使っている
お勧め保湿クリーム

私が

「セラミドをしっかり外から補給して
肌の細胞間脂質をみっちり埋めて丈夫なバリア層を保持しよう!」

と決意してから使っているのが
クラウンセルクリーム

定期購入しているので、定期的に送られてくるので
切らすことなく便利。

DSC_7387

DSC_7388

テクスチャー。↓
こんなコックリした感じの白いクリーム。

DSC_7399

こちら、伸びがいいとは言い難いが、
その分、しっかり 肌の上で居座り、
細胞間にセラミドを届けてくれている感があるクリーム。

そして

「肌の奥深くに浸透していない」感じがある。

肌に奥深く浸透しない化粧品??

え?浸透しないの?

そう、浸透する必要はないのだ。

何故なら、バリア層の下に
化粧品の有効成分は届かないのは有名な話。

446291

真皮にまで化粧品の成分が届いてしまったら
逆に大変なことになる。

”アンチエイジング成分がどーしたこーした。
美白成分が 肌に劇的な作用をもたらしアプローチ!”

ってなことが化粧品のうたい文句に書いてあると、
女ってついつい「今度こそ。。」って期待して
夜な夜な何万円ものコスメを塗ってしまう。

でも 肌を作っている真皮にまでコスメの成分は
浸透しない。

それを理解してしまうと、逆に

そういったものが浸透しないように
バリア層をしっかり強いものにする

という

ある意味 真逆のスキンケアが、肌を健康にすることに
気付くことができると思う。

私も 昔は

「染み込め~ 染み込め~」

と呪いの呪文??(笑)のように唱えながら
コスメを肌にすりこんでいた私だが、

今は逆で、肌をこすらないように
クラウンセルクリームをそっと 乗せるイメージで
スキンケアをしている。

肌をこするとたるみに繋がる、という
エスティシャンの友人の話を聞いてから
クリームを塗る時もより気を付けるようにしているのだ。

クランセルクリームのみ塗ればいい

私の毎日のスキンケアは恐ろしく簡単。

朝はぬるま湯でそっと洗顔したあとクラウンセルクリームをヌリヌリ。
夜は白雪の詩で メイク落とし&洗顔を一度で完了。
(マスカラはお湯で落ちるものを愛用)
お風呂上りにクラウンセルをヌリヌリ。

以上!!!

というあまりに楽ちんシンプルなケアをしている。

化粧水なし、
乳液や他のクリーム美容液もなし。
シートパックもなし。

要するにクラウンセルクリームを
オールインワンコスメとして使っている感じである。

晴れた日に外出するときは、
これに日焼け止めも塗ることもあるが、

ファンデーションでも十分日焼け止め効果もあるので
真夏以外は神経質にならず、
クラウンセルの上に直接ミネラルファンデーションを塗っている。

ファンデのノリもいい感じなので、気に入っている。

朝のメイク時間も
夜のお風呂の後の時間も 激時短。


それでいて肌は乾燥しなくなったので、
本当に助かっている。

コスメ代(基礎化粧品代)は前に比べて 激安になった。

私の基礎化粧品はこれで全て

DSC_2173

私の洗面台の基礎化粧品 オールスター。これだけ。

左から 白雪の詩。アマゾンで買っている。

クラウンセルクリーム(保湿はこれのみ)

まつげ美容液(めちゃ伸びる! 詳しくはこちらの記事を)

一番右は 同窓会とか写真撮る時とかの前の晩に
目尻の小じわをケアするヒアロディープパッチ

(詳しくはこちらの記事

今までの保湿と違うのは?

クラウンセルクリームで保湿するようになって約1年。

何故乾燥しなくなったのかな?

って改めて思ったが、
クラウンセルクリームのサイトに以下の説明を見つけ納得。

今までの化粧水やクリームは
「角質細胞」への保湿であって、
「細胞間脂質」への 保湿ができていませんでした。
そのことに注目し  「細胞間脂質」へのアプローチを可能にしたのがこの商品です。

なるほど!

今までいろんなコスメで肌を保湿していたのは、
角質細胞に水を含ませていただけの保湿。

かたや、セラミドで細胞脂質間物質を補う保湿は
その角質細胞を繋ぎとめている隙間をしっかり塞ぐケア。

そこに大きな大切な違いがあるんだな~と理解。

クラウンセル6

バリア層がしっかりすると
ターンオーバーも改善

実は、

「乾燥がおさまれば それでいいや」

と思って使い始めたクラウンセルクリーム。
でも、1年経って気付いたことがある。

何だか 生まれ変わってくる肌が元気な感じ。
要するに 肌のターンオーバーのサイクルが順調にいっている感じ・・というのだろうか?

kuraueru

実は数年前、「角質を守るケア」について調べていた頃、

「バリア層がしっかりすると、肌は安心して
ゆっくりと肌を産生する。
逆に角質層が荒れていると、
肌は大急ぎで未熟な肌を突貫工事で作るので
毛穴のだらんと開いたキメの荒い肌になってしまう」

という考え方を知った。

肌を削るケアをしている時、
まさに未熟な肌、という感じがしていたなと思い起こす。
いつも炎症を起こしているような、薄くて血管が透けて見えるような
敏感な肌。そんな感じの肌だった。まだ今より若かったのに・・・

肌は自ら綺麗に生まれ変わる力を持っている。

それを極力邪魔しないように。

肌の持ち主である自分が出来ることは
保湿して、衰えた細胞間脂質の機能、減ったセラミドを
外から補うこと。
外部からの刺激から肌を守ること。

それしかないし、
逆にそれが一番いいのかもしれない。

健康なバリア層はゆっくり作られる

実はクラウンセルクリームは
使ったその日から 即効 美肌になるわけではない。
残念ながら。

薬じゃないのだ。当たり前だが。

でも 何度か肌のターンオーバーが繰り返されるのを気長に待ち、
肌を洗浄力の強いもので洗ったりしないように
気を付けながらケアしていくと、どんどん 肌が丈夫になる実感がある。

そして 半年ぐらいすると、

「あれ?」って乾燥を感じない肌になっていた・・

という感じだ。少なくとも私の場合。

だから、長期作戦で。

其の間、もちろん食事に気を配ったり
コラーゲン飲んだり、
青汁飲んだり内側からのケアも怠らず。

肌が乾燥しなくなって
毎日ファンデーションも綺麗に乗るので
ベースメイクも時短、薄くなった。

これから 年相応にしわやたるみも容赦なく
増えてくると思うが、

地道に 保湿してくれるクラウンセルクリーム
シンプルケアをしつつ、

引き続き 内側からの美容、というものに
シフトしていこうと思う。

★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る