歯のホワイトニングに挑戦! 薬用ちゅらトゥースホワイトニング

歯のホワイトニングに取り組むきっかけとなったのは?

今年の夏休みに、 田舎に帰省して、中学校と高校の同窓会に出た。

その話記事↓

同窓会で一番若かった彼女
先日 高校の同窓会に出た。 ワンピースで出席。 男子も女子も多数、恩師も出席。 女子はあまり変わらなくて ...

同窓会というものは、女なら当然、
同級生の老け具合、 というものが ちょっと気になるところだ。
( この場合 自分は 棚に上げる(笑))

実は 同級生の シミ・しわよりも 白髪よりも 気になったのが、

みんな 歯が 黄ばんでいる・・・・?? って思ったのである。

そして自分も確実に
歯の色がくすんでいるのだと その時自覚したのである。

実は歯科医の同級生がいて、後日 彼女に聞くと

間違いなく加齢と共に歯は黄色くなるのだそう。 がーん。

彼女曰く、

「私は歯医者だからね、
女性の 歯を見ると 大体年齢を言い当てられるよ。
どんなに 化粧や プチ整形していて 若く見える患者さんでも、
歯の加齢は隠せないからね」

と恐ろしいことを言う。

それはどうしても
歯の象牙質そのものに 色が付いてくるので避けられないのだそう。

「でも コーヒーとか茶渋で黄色くなっている人もいるから、
毎日の歯磨きが大事だよ」

と歯科医の彼女からアドバイスももらった。

ショックな話を聞いてから
歯のホワイトニング、という美容が気になりだした私。

歯のホワイトニングの方法は?いろいろあるけど?

早速 いろいろ 歯ホワイトニング、と ググり 調べてみると

何万円もかけて歯医者さんでやる
高級本格的な ホワイトニング治療、
というものがあるのはわかった。

が ちょっと敷居が高い。 金額も高い。

そこで まずは手軽に
ホワイトニング効果のある 歯磨き粉
から試すことにした。

いろんな口コミやらサイトをみて わかった注意点は

市販のホワイトニング用歯磨き粉は、研磨剤が入っているものが多く、
それだと歯を傷つけてしまう危険があるらしい。

研磨剤の入っていないものはないのかな・・?
と探していて見つけたのが こちら。

購入。

【薬用ちゅらトゥースホワイトニング】

14549957_1787685034843383_7370199755797823488_n

14564890_1788524108026933_4320572971895750656_n

歯ブラシに出すとこんな綺麗なアクアブルー色。香りもいい。

こちらは 通常の歯磨き粉と違って医薬部外品とのことで、
いろんな成分が入っている。

PAA (ポリアスパラギン酸) という成分が
汚れの原因であるたんぱく質と反応して凝固する作用があるらしい。。。。。

難しい成分 よくわからないぞ。(笑)

理屈より結果!!
と1か月 朝晩 これで磨いた。

歯を磨いた後、かな~り ツルツル。
いつも使っている アクアフ★ッシュよりもはるかにいい感じ・・・

家族に使われないように(← セコイ)
引き出しにしまって大切に使った。

ちゅらトゥースホワイトニングを使った結果は?

ひと瓶使い終わる頃に、 ちょっとびっくり。

歯がかなり 明るくなっていることに気づく。
毎日見ている 洗面所の鏡なので その違いがわかる。

なんか比較物がないと、お読みいただいている方にも
白さがわからないかと思い、
家にあった ガードハ★ー歯磨き粉と 一緒に写真撮影してみた。
※画像もちろん全く未修正です

14717442_727716654034066_7217606525617963008_n

涙。 ひどく間抜けな画像である。(笑)

結構白くなったと思うのだが・・・
続けることで さらに効果が上がるらしい。


効果のないものはやらない、
という シビアなポリシーの私。(笑)

でも 今のところ いい感じなので これ、 もうちょっと続けてみます!

虫歯や口臭予防にもなるらしいので。

リピ決定!!

歯が黄色いと老けて見える。白いとキレイ!

自分が歯のホワイトニングを始めると
人の歯の黄色さがやたら気になるようになってしまった。

電車の中とかで キレイな人だなあ~ 美魔女だな~💛と
うっとり見とれていても

笑ったときの歯が黄色いと   あ! って思ってしまう。

女って奴は 本当に・・・(笑)

歯のホワイトニングというものに がぜん 興味湧いた私。
アンテナ貼って 効果ある 方法を これからも模索します!

肌の美白より 歯の美白! 
先に気づいて始めた人が 1歩リードです!!

★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る