皮膚のたるみにコラーゲンサプリやドリンクは効く?

私が効果を実感して
飲み続けているコラーゲンサプリ

14582227_198389077279841_3259441365150334976_n

POLAのコラーゲンサプリはこちら

50代は たるみの悩みが 始まる年代

30代、40代はそんなにたるみの悩みって
深刻ではないと思う。

それよりも シミとかニキビ跡や吹き出物とか乾燥や小じわなんかが
気になっていたような気がする。

でも50代になると 多少のくすみやシミなんか気にならないくらいに
顔全体の輪郭や肉が 下に下に 下がって

もうどろどろ溶けたソフトクリームのような、
原型とどめていないチョコレートのような

がっかりな 状態に顔が変化してくる。

太ったわけではないのに、
何故かあごの下に たるんとした肉が溜まったりして、

これ。。。たるみ?

と気付いた時のあの恐怖!(笑)

いや、笑いごとではない。
日ごとに 何も対策をしないでいると
どんどんどんどん 二重あごになっていってしまうのである。

皮膚のたるみって体にも出る

実は顔だけでなく、もちろん体のたるみも始まっている。

よほど 毎日スポーツジムで体の隅々まで筋肉を鍛え上げている、という
ボディビルダーなマダムでない限り

大抵は 体のすべての皮膚や筋肉が柔らかくなってきているはず。

柔らかい、といえば聞こえはいいが 「たるんでいる」ということだ。

snow-monkeys-1394883__480

私はよく家族と温泉などの旅行に行くのが好きなのだが

大浴場でさまざまな レディたちを
当然のごとく 生まれたまんまの姿で拝見する。

ママと一緒に来た小さな3歳ぐらいのかわいらしい女の子から

きゃぴきゃぴと騒ぐ10代から

20代、 ママ世代の30代、40代

そして私ぐらいの50代

そして おばあちゃんという感じの60・70代まで

全ての世代の女性が裸でずらーーーつと並ぶ
露天風呂や洗い場。

それは 女性の裸 オンパーレードな風景。
よく考えたらすごいなと思う。

そして 洗い場で一斉に背中を見せながら髪や体を洗っている女性たちが
顔や胸は全く見えないのに
瞬時に年代を言い当てられるということに気づいた。

これって 怖い。

背中で年齢が瞬時にわかる。

肌の艶とか輝きではなく、
たるみぐあいでわかってしまうのである。

若いお嬢さんの背中と私ぐらいの50代の女性の背中は

皮膚の張りというか こりっとした 厚み固さが全く違うと思う。

冷凍されて かちっと形が定まっているアイスクリームと
たるんと解けていきつつあるアイスクリームという感じである。

すごい表現だ我ながら。(笑)

さらに 70・80代のおばあちゃまだと
もう骨と皮膚がバラバラで 分離していて
皮膚は勝手に 一枚の薄い布のように、
体の上で好き勝手にいろんなところで ドレープを作って影を作っている、
という感じになってくる。

この皮膚のたるみって どうやったら進行を食い止められるんだろう?
ってボンヤリ 温泉につかりながら思ったりするのである。

 筋肉を鍛えることが効果的

よく 毎朝 家の近所で

御年 70は過ぎているんじゃなかろうか?

と思えるおじいちゃまが
朝から短パンでジョギングをしている風景を見かける。

髪は真っ白だが、体型は マラソン選手のように 引き締まり、
脚も筋肉で隆々。お腹も当然ぺったんこである。

いくつになっても 体は鍛えられるのだなと感心する。

そうなると皮膚はたるんでいない、張りがある感じである。
やはり皮膚の表面をどーにかこーにか するというよりは

筋肉そのものを鍛える

ということがとても大切だなと気付く。

だからこそ、外から塗る化粧品なんか意味がないと気付いて
顔体操したり、
コラーゲンのサプリ、プラセンタのサプリを飲むようになった。

顔のたるみの初期症状に一番効くのは

顔体操だと思う。

でも 顔体操を毎日 親の仇!!みたいな 熱心さでやっても

やはり肌の質感自体は 変わらないわけで

それを支えるのは

どんな肌を自分自身が内側から生産するか

ということに他ならないと思うのだ。

それには やはり 食べ物や体の調子、腸の調子、血液などなど。
やはり体の内側からの力、ということが大事なのではと思うのである。

タンパク質をきちんと取る

私は肉が苦手であまり食べない。

その分納豆やお豆腐も食べているし、問題ないと思っていた。

steak-1148992__480

でもやはり肉好きな友人って
50代でも張りのある肌をしているひとが多い。

「肌綺麗?そう?なーんにもしてないよ、ホント、肉ばっかり毎日食べてるけど」

なんて彼女は豪快に笑う。

本当にそうなのだろうなと思うくらい
飲み会やママ会では 焼肉を一心不乱に食べている。

タンパク質をとり、それをきちんと体が吸収しているって
大事なのだなとわかってきた。

タンパク質は分解されるとアミノ酸になる。

私は今プラセンタとコラーゲンサプリを飲んでいるが
これは体で分解されて アミノ酸になっているんだろうなと推測する。

プラセンタを飲むようになって 肌の質感が劇的に変わったのは
プラセンタがアミノ酸の塊だからだと思う。

そして最近 キメが細やかになって 乾燥がよくなり、つやが出たのは
コラーゲンサプリを飲むようになってからである。

結局は 肌のトラブルで悩んでいた時は
肌の材料であるタンパク質、アミノ酸が
全く足りていなかったのかもなあと思うのだ。

ベジタリアンの人ってやっぱり50代ぐらいになると
ちょっと 肌に元気がない人が多いと思う。

透明感はあるのだが、パーンと張った肌の人は肉好きの人に多いと思うのだ。

皮膚のたるみには内側からアプローチ

細かいシワ程度ならば 高い美容液や基礎化粧品で良くなることは
期待できる。

でも たるんと 下に下がってくるたるみには
もはや 上から何を塗りたくってもあまり意味はないのではと思う。

もちろん、乾燥もたるみの引き金になるので
乾燥しないように保湿のケアは必須。

セラミド入りのクリームを塗ったり、
乾燥しにくいクレンジングに変えたり、ということは有効だと思う。

↓私が唯一使っている乾燥が改善された 保湿コスメのレビュー記事はこちら↓

これ1本で保湿が完了!クラウンセルクリームは私が唯一使っている基礎コスメ
基礎化粧品を断捨離した後、唯一残した保湿クリームとは? 肌のバリア層が丈夫になることで、敏感肌から脱出し、水分を抱え込める肌に。 クラウンセルクリームをレビューしています。

でも しっかり肌のコラーゲンをやエラスチンの土台を
痩せさせないようにすること。

鉄分をしっかりっとって 貧血にならないようにすること。
ビタミン類を不足しないようにすること。

摂取した 栄養素を自分が体に取り込めるようにするため
腸を整えて丈夫にすること。

そういった 地道な内側から美容というものが
50代では絶対に必要だと考えている。

これさえすればOK,という美容はない。

ただ、多方面からのアプローチが効果的なのは間違いない。

私は 筋肉量を保ちつつ
食事でどうしても補えないものは
潔くサプリメントなどで十分な量を摂る方法で バランスをとっていこうと思う。

筋肉量は スポーツジムにわざわざいかなくても家でできる範囲で。

ピラティスとかヨガとか。雑巾で家じゅう掃除とかもかなり筋肉つく(笑)

寝る前のスクワットも 成長ホルモンを促すのでコラーゲンを作ると聞いて
寝る前に行っている。。。。時もある(笑)

自分でコラーゲンを作る。
そのために必要と思われるものは過不足なく 外部から取る。

基本はいたって単純。

自分の体の声に耳を傾けながら
皮膚がたるまないように
気持ちもたるまないように。

いいと思ったサプリは続けて行こうと思う。

↓私が効果を実感したコラーゲンサプリの詳しい記事はこちら↓

POLAインナーリフティアコラーゲン&プラセンタが何故効いたか?さらに考察してみた
ポーラのコラーゲンサプリを飲み始めてから、自分でも本当に驚くほど頬に艶が出て驚いています。30代のころ、あれこれコラーゲン系のサプリやドリンクを試してもさっぱりダメだったのに・・・何が違うのか検証考察してみました!
★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る