50代毛穴ケア 化粧品で毛穴はなくせるか?

肌のバリア層に着目したクリームで
水分保持!
毛穴が閉じてきた!

肌をそっと守るケアに切り替えてから
どんどん毛穴が閉じてきました。

18160496_1915439422024914_4344519428910612480_n

50代の毛穴って

若い子と違って

乾燥から悪化している場合が多い。
バリア層の劣化から 毛穴が開いている場合が多い。

だから 徹底的に
バリア層の水分保持に気を付けてケア。

毎日 基礎化粧品はこれのみ。
クラウンセルクリーム


DSC_1741

DSC_1758

これしか使っていないけど、
乾燥しないし、 敏感肌が収まりました。

ずっとリピートして使っている。

単純に肌の表面で  バリア層を丈夫にしてくれるだけ。

クランセルクリームの 私が その特徴をかいた詳しいレビュー記事は  

↓↓  こちらから ↓↓

122.131.83.176

毛穴って本当に嫌ですね

93179e3840fddfba6cf8a4e5e1d96edc_s

女性の多くが 毛穴に悩んでいるという。

YAHOO や GOOGLEでも
検索される単語の中で

「毛穴 消す」とか「毛穴なくしたい」
という単語は物凄い数の検索数だとか・・・

でもその気持ちわかる!

だって 本当に 毛穴って 自分で見ても憂鬱だし、
ファンデーションはのらないし、
毛穴にファンデーションが埋まって

いわゆる 「毛穴落ち」してしまう。

もう夏は メイクする気にもならない・・・という感じ。

私も半世紀、 本当に毛穴に悩む人生だった・・

毛穴ってどうして目立つんだろう?

毛穴って実は10代から 50代まで

幅広く悩んでいるという。

10代 思春期真っ只中の頃

私がニキビで悩んでいた思春期真っ只中の頃、
10代の頃。

あ~ 年取って おばさんになれば 皮脂の分泌が収まって

きっと この開いている毛穴も閉じてスベスベになるんだろうなああ・・・

と愚かな期待を夢見ていた。。。(笑)

とにかく 鼻とかあごがオイリーで、
いつも 角栓ができていたような。。

毛穴が開いているというよりは、

黒く酸化した毛穴の汚れ・・
という感じのものに悩んでいたような気がする。

ゴシゴシと 強いスクラブ剤入りの洗顔料で洗っても
すぐにまた 鼻の頭なんか黒くなってしまい、 うんざり。

高校生だから 化粧もできないし、 早くお化粧できる大人になりたい
とか思っていた・・・・(笑)

20代初め お化粧が楽しい大学生時代

晴れて 大学生になり、
お化粧ができるようになり、

やったー💛と ファンデーションを買い込み
毛穴を埋める日々。(笑)

おおおおっつ

というくらい 毛穴も隠れるし、 ニキビも隠れて

こりやこりゃ いいわと大喜び・・・した大学生時代。

でも逆に 脂っこいファンデーションやコスメのせいか

しつこく 治らないニキビや吹き出物に悩んでいた。

20代半ば~後半 激務のOL時代

社会人になって
毎日朝早くからより遅くまで化粧をする生活になった。

夜終電間近に帰ってきてメイクを落とす気力もない。
パパっと落とせるオイルクレンジングが便利で
それでゴシゴシ。

ベトベト感がいやでさらにお風呂でゴシゴシ、
さらに 鼻のニョキニョキ角栓がいやで

当時はやった ビオレの毛穴パックシートを

週末ごとにやって ベリベリ・・・・べりべり・・・

あの 霜柱のように とれる 角栓の柱。

あれを見ることが当時のOLだった私のひそかな楽しみであった。

キタナイ話ですいません・・・

毛穴はどんどん広がる

OL時代、激務のせいか、長時間のメイクのせいか
肌は どんどん 悪化した。

乾燥しているのに ニキビができる。

カサカサしているのに 吹き出物ができる。

シワシワな感じなのに 毛穴がどんどん開いていく。

何なんだろう?これは???

どうして 毛穴が開くんだろう?

不思議に思って 美容雑誌で記事を読むと

「毛穴に汚れが溜まっているからです。

ピーリングが効果的、スクラブが効果的、根こそぎ毛穴を洗浄しましょう」

と美容雑誌に書いてあるではないか!!

そうか!!

汚れ溜まっているんだ!!!

キタナイぞ! 私!!

これを信じて

ふき取り化粧水、

角質除去のパック、

毛穴吸着パック、

ピーリング

スクラブ

オイルクレンジングで長時間のくるくるマッサージ

など

とにかく

毛穴は掃除するべし!!

という宗教めいた信念のもと  徹底してケアをしていた。

最悪な インナードライによる毛穴拡大

上記のようなケアが間違っていることに当時に若き乙女(注意:当時です)
は気付かない。

どんどん インナードライがひどく

肌を擦って摩擦により、敏感肌に。

さらに 洗浄力の強いオイルクレンジングと
リキッドファンデーションによる 脂と酸化した油で
毛穴は黒ずみ、炎症を起こしていた。

炎症後がさらに 色素沈着。

毛穴パックや 毛穴洗浄が さらに毛穴を広げて大きくしてしまった。

与えるより 取り去るスキンケアが大切???

一時期 美容雑誌で 美容家の方が

「何を塗るかより とにかく古い汚れや角質を取ることが美肌への近道です。」

とおっしゃっていて

おおおおお そうか! そうだよね!

とまたまた 素直な私はそれを信じこみ
親の仇のように とにかく
角質が生まれる前に角質を根こそぎはぐ ような
ヒドイケアをしていた。

当然どんどん 肌は薄くなって敏感に

薄くなる、というと
何だか きめ細かい肌を連想するがとんでもない。

毛穴はどんどん開いていったのだ。

自分の肌を見る暇のない育児時代

その後 妊娠出産のドタバタ時代は
自分に毛穴があるかないかなんてどうでもいい、

それより赤ちゃんがお乳を飲むか飲まないか?

赤ちゃんの肌がおむつかぶれしていないか?
を気にして 育児に没頭する人生だったので

自分の肌がどうなっていたか・・・・記憶がない。(笑)

ただ、時折、すっぴんで 赤ちゃん連れで出かけたデパートの

コスメ売り場の明るい鏡で自分の肌を見て

・・・・毛穴 きたない 絶句。

と驚いた記憶はあった。

育児中は メイクはしないものの、
相変わらず 角質を削る 洗顔方式を続けて
とにかくサッパリ垢を取るのが気に入っていたので

そんなヒドイスキンケアをしていた。

角質を守るケアに出会う

そんな ヒドイスキンケアを続けていた私だが、
ついに終焉を迎える。

当時インターネットで美容情報が飛び交う時代になり、
忙しい働くママだった私も 夜 子どもが寝た後に

いろんな美容ブロガーさんの
美容ブログを見るのが楽しみになった。

そこで出会ったのが

「角質培養」という考え方である。

「とにかく 角質は自然に剥がれるのを待つべき。
無理やり 落としてはいけない。
無理やり落としたが最後、
肌は真っ裸になってしまった自分にびっくりして
慌てて 未熟な細胞を つくって上に押し上げようとする。

その急いで作った細胞の状態が 角化不全 と呼ばれるもので

大急ぎで作った 細胞なので ちゃんとバリア層の機能を果たせず
キメがあらく・毛穴が開いて見える肌になっていってしまう」

という理論であった。

衝撃だった。

本当に驚いた。

美肌の敵だと思って
溜まる前からガリガリ角質を落としていた私にとって
それが 逆に 肌をイジメることになり

肌が悲鳴を上げて  健康でない肌を作ってしまい
肌は毛穴が広がっている 汚い肌になっていたのだということ・・・・

何だか思い当たる節がありすぎて

私はショックだった。

そうなのだ。

逆にうっかり寝落ちしたりして
お風呂にはいれなったり、洗顔し損ねた日の方が

肌の調子がいいような気がしていた。
そんな 洗顔しないなんて
美容から最も遠ざかる行為は許しがたい、

と自分で自分を責めて反省していたが

もしかして 顔って いじらない方がそっとする方が
綺麗になるんじゃなかろうか?

と気付いたのだ。

試しに 鼻をいじらない、
鼻の角栓を取らないで過ごしてみた

実験してみようと思った私は

とにかく 一番毛穴の黒ずみや角栓が気になっていた

鼻を 「絶対に触らない」

と決めて数か月過ごすことにしてみた。

最初は脂ぎってしまって 大変だったが、
徐々に それも納まり、

ニョキニョキと 柱のように飛び出す角栓も
見て見ぬふりして そっとしておくようにした。

指で押し出すとか絶対にダメ。

我慢して 放置することにしたのだ。

鼻の毛穴が徐々に閉じる!!

驚くことが起こった。

1か月、2か月、3か月と時が経つにつれ、

鼻の毛穴の角栓がなくなるどころか

鼻の毛穴がどんどん閉じていったのだ。

え?

え?

本人が一番驚いた。

拡大鏡で見るも 毛穴が黒く酸化しているところもない。
やや ぱっくり毛穴が散見するも、黄色い角栓など全くない。

これは すごい!!  と確信した私は

そのまま とにかく鼻も頬も いじらないで触れないように

そっと洗うだけのケアにして
角質を無理に落とさないケアを続けた。

光る鼻の頭に 驚く本人

そして ついにお風呂上りに

鼻がビニール人形のようにピカピカに光る !! 

日がやってきた。驚いた。

お風呂上りに光る肌になるのは
子どもだけだと思っていた。

40代の私でもそうなるとは・・・

最初は鼻だけだったが
根気強くこの角質を守る方法に変えたケアを何年も続け、

それから
上からあれこれ化粧水を塗るケアも止め

プラセンタサプリなど内側からのケアに変えたころから

肌の毛穴はどんどん閉じて行ったのである。

角質には角質の大切な役目がある

角質は悪いもの、

と信じていた私にとって
肌を触らない、いじらないというケアをするのは
最初はとても抵抗があった。

けれど、肌の表面のバリア層を大切にして

肌のターンオーバーのサイクルと仕組みを 見守ってあげる、

という本来の 肌の仕組みを乱さないケアにしてから

どんどん敏感肌は改善されていった。

そして 本当に不思議なのだが、
ぱっくりと 阿蘇山の山頂のように開いていた陥没毛穴も

どんどん閉じていき、 ふっくらとした

毛穴周りの細胞が盛り上がった? 肌に徐々に変わっていったのである。

40代は 毛穴を

これ、たるみ毛穴よねええ、しょうがないわああ だってトシだもん

と自分に諦めさせるよう自分で説得していたが、笑

違った。

単に 角化不全を起こして
未熟な 肌が 作られて
バリア層がメチャクチャになり、

毛穴が目立つキメのあらい肌になっていたのだ。

角化不全を起こすいろいろな要因

角化不全を起こす要因はいろいろあるようだ。

■私のやっていたような 無理に角質を落とすやり方、

(※皮膚科でドクター監修のもと、適切にピーリングするのは大丈夫だが、
私のように しょっちゅう、安いスクラブコスメで
物理的に乱暴に肌を擦っていたのはダメ)

■シートパックで 常時肌を水浸しにするケア

これは かの有名な
アンチエイジングの鬼 勝田小百合氏 のブログにも書いてある。

肌の角質層の上に
常にケミカルな成分のコスメが乗っかり、
水浸しになっていると バリア層が壊れ
肌の正常なターンオーバーのサイクルが乱れ、
肌は角化不全を起こすのだと。

ローションのシートパックはしっとりしていいわああ💛

とやっていた私だったが、
きっぱり化粧水も捨て、シートパックも処分。

驚いたことに、 化粧水やローション類をつけなくなってから
かえって 毛穴は閉じたのだ。

■界面活性剤の量が多い クレンジング

何度もブログに書いているかと思うが、
とにかく 落ちにくいファンデやメイク品をごそっと落とす
恐怖の 洗浄力を発揮するクレンジング。

ささっと 落として
なるべく肌に乗っている時間を減らすならばいいが、

毎日毎日 これでクルクルクルクルクル 。。。。。
毛穴の汚れも落とそうと長時間 クレンジングをしていた愚かな私。

当然 肌の表面が 荒れまくり、 乾燥肌になっていた。

健やかな バリア層、 正しい角質も 荒れてしまい、
乾燥して敏感な肌になって
まさに 角化不全状態は オイルクレンジングの
使いすぎが原因だったと思われる。

バリア層を守る
➡ 肌の健やかなターンオーバーを守る
結果毛穴は閉じていく

肌のバリア層を守る、という事を大切にするケアに切り替えてから
本当に 自分でも 驚くほど 毛穴がとじた。

いまでも お風呂上りには
鼻も頬の上部も光るくらいである。

(※ 特にガリガリ洗わず
無添加せっけんでそっとメイクを落としつつ ささっと洗うだけ)

さすがに口の周りは
50代になり、いわゆる 本当のたるみ毛穴が目立ち始めてはいるが、

これも バリア層を守って肌の抵抗力を守ることが
たるみを最小限にできる最善の方法なのでは? と考えている。

DSC_2637

日焼け止め+ミネラルパウダーのみ。

本当に 30代40代は
いちごや夏ミカンよりも 毛穴が陥没してた 私。

大げさな話でなく、ひどかった。

でも 肌を触らなようにして 角質を守るケアにして

さらに プラセンタや コラーゲンサプリなどの 内側から
いい材料(アミノ酸)で肌を自分の力で作るように
切り替えた美容方法で 何とか 人並な 肌に戻ってきた。

これからも 毛穴は 見て見ぬふり、そっとする

という方法で ケアをしないケア をしていこうと思う。

肌のターンオーバーには
ちゃんと内側からの栄養も必要

肌はタンパク質。

きちんと食事で栄養を十分取らないと
健やかな肌は絶対に作ることが出来ない。

ろくな栄養を取れていなのに、
高い美容液や化粧水、たるみ防止の美顔器ばかり買っていませんか?

全く無駄。(笑)

何故なら、私が昔 まさに そうでしたから(笑)

絶対に内側から きちんと栄養を取った方がいい。

「そうは言っても、なかなか バランスの取れた食事も毎日は難しくて・・」

という感じの方が多いと思う。

私もそう。(笑)

私は ずっと プラセンタサプリと飲み続け、

最近は、さらに きちんと効果の感じられるコラーゲンサプリも追加。

そうすることで、 驚くほど肌質が変わり、ちょっとびっくりしている。
ふっくらと した 厚みのある肌が生まれてくる感じ。

しぼんだ 生気のない どよんとした肌だったのが
やたら 光る艶のある肌が どんどん生まれてくるように。

「何だ・・・内側からの栄養不足だったのか・・・」

とカラクリがわかった感じである。

私が飲み続けている  コラーゲンサプリの記事は こちら

長ーいお付き合い!5年以上続けているプラセンタサプリの記事は
➡こちら

肌のバリア層を守るクリームで毛穴ケア

化粧水もシートパックも捨てた私だが、

角質培養のメソッドが 自分には合っている、と確信したころから、

肌の保湿だけを 担ってくれる

肌の表面のバリア層、細胞間脂質を 補ってくれる

シンプルな クリームだけでケアするように。

セラミドが豊富に入ったコスメなどいろいろ試し、

今は クラウンセルクリーム が 一番気にって これ1択。

DSC_1741

ずっとリピートして使っている。

単純に肌の表面で  バリア層を丈夫にしてくれるだけ。

クランセルクリームの詳しいレビュー記事は  ➡こちら 

肌の奥深く 美容成分が浸透してうんちゃらかんちゃら

最先端のテクノロジーの〇〇成分が 肌を劇的にうんちゃらうんちゃら

そういう機能も効能もないクリーム。

でもバリア層を丈夫にすることが
最も 肌のキメを守り、健やかな丈夫な肌を産生し、
結果

毛穴の目立たない、
ふっくらした 肌を育てる仕組みが整う

ということを 身を持って 実感した私なので

これで十分。

基礎化粧品の効能成分が 肌の奥に深く染み込むのは

絶対に バリア層を壊していて 無理やり入れていて
角質培養の考え方と真逆なので。

女性の ニックキ敵、毛穴。

あなた

どんなにお手入れしても
毛穴が ぱっくり かえって広がるような気がする・・・・

とお感じの方は
一度 肌を触るのを止めてみるのも 試す価値がおありだと思う。

ただ、50代は 保湿は絶対にした方がいいと思う。
自分で油分や水分を出す力が衰えているので
いきなり 何もつけない肌断食は危険だと思うので。

健康な きちんと育って上に上がってきた細胞の肌は
ふっくらして すり鉢状の 毛穴は目立たたないもの。

以上

角質を守りバリア層を守り
それによって
毛穴の開かない健やかな肌を生むスキンケアについての
私の体験談と考え方。

↓ クラウンセルクリーム の公式サイト ↓


★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る