これ1本で保湿が完了!クラウンセルクリームは私が唯一使っている基礎コスメ

★追記★
一冬 クラウンセルクリームだけでケアしての感想

この冬、ずっとこちらのクラウンセルクリームを塗っていたせいか、
全く乾燥と無縁の肌でいられた。

メイク下地をどんなに工夫しても、昼には粉を吹いていたのに、
今年は しっとりとした感じだった。

もちろん真面目にコラーゲンマシンに入ったり、
あれこれ コラーゲンサプリを飲んだり腸内改善して
内側から美容に気を配ったせいもあるが、

クラウンセルクリームは バリア層をに着目したクリームだから、
肌が丈夫になった感じだ。

ちょっと埃っぽいところを触った手で顔を触ると
刺激で 赤くなりやすかった頬も

まったく鈍感になった。(笑)

肌が丈夫になった、と感じた冬。

あれこれバカ高い 基礎化粧品を何時間もかけて塗りまくっていた

40代よりも ずっと肌が丈夫で乾燥しなくなった。

びっくり。

考えてみれば、子どもや10代の女の子って

何もつけなくても乾燥しないし、表面で水もはじく。

大人の女になるにつれ、一生懸命美容に取り組めば取り組むほど
化粧やメイクで逆に肌の表面を荒らしているのではないだろうか?

アレコレ刺激のある 基礎化粧品で 肌のバリア層を壊しているんじゃ

ないだろうか? そんな気がした。

シンプルなスキンケア、
これからもクラウンセルクリームで続けて行こうと思った。

覚書。

すべての基礎化粧品を処分したあと
唯一使っている保湿クリームとは?

本来化粧品とはあくまで化粧品。

肌を驚くほど綺麗にしたり、
トラブルをみるみる治癒させる 薬ではない。

ましてや 肌を細胞レベルから若返らせたりする魔法の力はない。

コスメが美肌に貢献できるとすれば、
保湿UVケアのみ。

その考え方に同感できた私は、ほとんどの基礎化粧品を捨てて
クレンジング剤も捨てて

一番大切な 保湿をしっかり行う、ということスキンケアを切り替えることにした。

そこで 出会ったのが
クラウンセルクリーム

DSC_1741

どんな保湿クリームなのか?

こちらクラウンセルクリームは、
もちろんセラミドが入っている。

クラウンセルクリームの成分。

DSC_1747

クリームのテクスチャーは?

衛生的なチューブ式のクリーム。

テクスチャーはややこっくりした固めな感じ。

ハンドクリームを塗る前の
私のヒドイ、カサカサ手に載せてみた。
(お見苦しい写真ご容赦!)

DSC_1750

DSC_1751

伸ばすとこんな感じ。ミルキーな感じはあまりなく、
しっかり肌にとどまる感じ。

ニオイはほとんどなく気にならない。

DSC_1753

塗った後。しっとりするのは当たり前だが、
驚くのは これでずっとしっとりが長時間続くことである。

すぐに乾燥して、
また塗りなおさなきゃいけない他のクリームと明らかに違う!

クラウンセルクリームは他と何が違うのか?

この見た目、特にキラキラ派手なところがない、
いたって普通に見えるクリームだが、

中身は一般の保湿クリームと明らかに違う。
何が違うんだろう。。。?

クラウンセルクリームの基本コンセプトが面白い

このクラウンセルクリームの考え方には
強いポリシーというかコスメに対するメーカー様のぶれない一つの考え方が貫かれている。

※以下クラウンセルクリームのサイトより 引用。

クラウン得sル7

「乾燥しているから化粧水つけなきゃ」

「乾燥しているからシートパックするぞ」

私が昔頑張って行っていたそれらのケアは
乾燥を改善するという意味では
間違ったケアだったんだと改めて気付いた。

kurausnruj8

上記に書いてあること、まさにコスメジプシーだった昔の私の事ではないか!!
ドキッとする言葉だった・・・

水分の蒸発を防ぐことが重要

水分を与えることではなく
自分自身の肌が抱えている水分を蒸発させないようにする

その真逆な考え方があったんだ、と目からウロコ。

そして自分の肌が水分を抱え込む力を持つようにするには

バリア層を強く健やかにする = 細胞間脂質が不足しないようにする

ということだと理解したのである。

くらうんせる

※クラウンセルクリームのサイトより

クラウンセルクリームは 細胞間脂質をサポート

クラウンセルクリームはセラミドが入っていて、
細胞間脂質を補い、肌の水分保持の仕組みを整えるクリーム。

肌のごく表面だけをうわべだけ ヒタヒタと水分やジェルで浸すコスメとは
根本的に考え方が異なるのである。

kurausennn8

クラウンセルクリームは肌のバリア層で大切な細胞間脂質をサポートにする。
成分として含まれているセラミドがその働きを担う。

クラウンセル6

※クラウンセルクリームのサイトより

肌表面は潤うものの、すぐに蒸発してしまうコスメとと違い、
細胞間脂質をしっかりサポートすることにより、
肌本来のバリア層を強化し、水分を自分自身で抱え込む力をつけよう!

という考え方なのである。

使ってみて 肌の変化

こちらのクラウンセルクリームは 使う順番が面白い。

DSC_1758

商品が送られてくるとき同封していた 説明カード。

化粧水の前に使う、要するにまっさらな素肌に直接使ってほしいということ。

これは大事なことなので、チラシやパンフレットではなく、
わざと分厚いカードになっているのだろう。

私は化粧水を持っていないので、気にせず、洗顔後やお風呂上りに
そのまま塗り塗り。

最初の頃は、 やや 伸びが悪い感じが気になったし、
今まで使っていた とろみのある、水水しい クリームやジェルとは
肌の感触も違ったのがやや頼りない感じがした。

これで本当に保湿の役目、してくれるんだろうか・・・とやや気になったのである。

だが・・・・

朝まで全く乾燥しない、その後も乾燥しない

驚いたのは、毎日使っていくうちに、どんどん乾燥しなくなり、
水分を抱え込んでいる肌、という状態が長く持続するようになったことである。

ぬるま湯で顔をさっと洗ったぐらいでは肌の潤いは失われない。

肌の表面が潤っているというよりも
肌自身が子どもの頃の肌のように、自分自身で水分を抱え込んでいる感じがする。

「昔、子どもの頃の肌って、確かこんなんだったよなあ・・・」
って懐かしく思う感触、といえばわかりやすいだろうか。

敏感肌だったのが丈夫になった

もう一つ、気付いたこと。
3本目を使い終わった頃だと思う。
乾燥が収まったのち、 敏感肌だったのが丈夫な肌になったこと。

前はコスメジプシーだったころは、敏感肌だと自分で思っていた。
新しいコスメとか試すと、すぐに痒くなったり、ブツブツできたりした。

また、街中や電車の中で汚いところや、埃っぽいところを触った手で、
うっかり顔を触ってしまうと、間違いなく痒くなったり荒れたりした。

「私って、ほら、極度の敏感肌ナノヨネ・・・」と自分で悲劇のヒロインを演じていた(笑)

ところが、こちらのクリームを使い始めてからというもの、
バリア層が丈夫になったのか、肌の細胞間脂質がしっかりして、健康になったのか、
肌が敏感、ということが どんどん減っていったのである。

旅行先で置いてある石鹸とか使ってもへっちゃら。
(前は怖くて使えなかったが。)

刺激強そうな温泉浴場の備え付けの
シャンプーとかが顔に垂れても平気。

いろんな化粧品をやめて、クレンジングをやめ、洗いすぎをやめ、
この バリア層を大切にするという考え方の 保湿クリームで
ひたすらそっと 保湿だけに気を配ったこと。

それが功を奏し、正常な元気な角質層を
自分自身の力で作れたのではないか? と思っている。

楽ちんなお手入れ

なにせ、このクリームだけでいいので
毎日のお手入れは楽。 コスメの収納スペースもガラガラ。
(その代わりサプリメントを収納)

コストも あとは100円の石鹸だけなので、
化粧品代は激減した。
その分、内側からの美容にコストをシフト。
コラーゲンサプリプラセンタなど)

肌をいじらない、そっと保湿する、表面の角質層=バリア層を丈夫にする。

表面を潤すのではなく、
角質細胞の間にある 細胞間脂質に着目して
自分で水分を抱え込めるようにサポートする
クラウンセルクリーム。

バリア層が丈夫になると
肌は安心して 正常なターンオーバーを行う。

これを自分の肌の変化で実感したのである。

肌は結局 排出器官であり、成分を吸収しない

このクラウンセルクリームも実は
新しい魅惑的な成分が肌に浸透して、
肌の内部でなにやらすごい変化を起こす・・という類のものでない。

ただ 実直に 肌の角質細胞の部分の水分保持機能に着目して
潤いが持続するように処方されているシンプルなもの。

ちょっと前、記憶生々しい カネ★ウの白斑で大問題になった美白コスメのように、
本来老廃物を排出する器官である肌に
何やらエビデンスの怪しい成分を無理やり入れる・・というのは
危険だと思う。

弱って隙間だらけになっているバリア層を
しっかり立て直すのに、焦らずじっくり使うのがお勧め。

使う時のポイントは?

①洗顔後にまずこれ

メーカー様が推奨している通り、
顔を洗ったらすぐに 何もつけずにまずこれをつけること。

やや伸びが悪い感じがするかもしれないが、
押さえるようにそっと 肌になじませること。

肌の細胞間脂質に 届きますように・・・みたいな気持ちで(笑)

②最低3か月は続ける

さらに、 少なくとも3か月は 続けてみるのが大事。

私の経験だと、肌のターンオーバーに合わせて2サイクル~3サイクル目ぐらいで
丈夫なバリア層は出来てくる感じ。

だから、数週間使って ピンとこないから 止めてしまう・・・というのは
道半ばで リタイアしてしまうことになりかねない。

表面を見た目潤すようにするコスメと違って
じっくり使う方がいいクリームなので。

これからも 乾燥は良くない、そのことだけを大事に考えて
シンプルなスキンケアを続けて行こうと思う。

DSC_1670

以上、クラウンセルクリームのレビュー。

さらに詳しくお知りになりたい方は

公式サイトにてご確認を。
読みやすい漫画形式で楽しめます(笑)

↓↓

122.131.83.17644

★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る