私が基礎化粧品コスメを断捨離した訳 唯一残したコスメとは?

私が現在使っている基礎化粧品は?

私が現在所持している基礎化粧品は 以下の2つだけである。

① 白雪の詩という 巨大な安い石鹸。

肌断食とか角質培養の美肌術を行っている人達の間で有名な石鹸。

16464953_1256538827755182_830231519212601344_n

こちらいつも amazonで買っている。

ちなみに クレンジングは持っていない。
メイクも全て石鹸で落ちるものにしているので。

② そして唯一のスキンケアコスメといえる保湿クリーム。

クラウンセルクリーム

DSC_1741

こちらのクリームの詳しい説明とレビューはこちら ↓↓

122.131.83.176

本当に これ以外、化粧水も美容液も美白コスメも持っていない。
ある時、ばっさり すべて捨てたのである。

(※UVクリームももちろん持っているが、
夏やスポーツの時だけつける。)

肌断食の経験

何度か 記事にしている通り、私は

「肌断食」をした経験がある。
その記事はこちら↓

肌断食は50代女性に有効か? ④
化粧水も美白コスメも断捨離して 基礎化粧品を ほとんど処分して、 保湿クリームのみにした結果。 洗面室のコスメの収...

肌断食に至る前は
私もごく普通に スキンケアの情熱を燃やす普通の女性であった。

コスメジプシーの頃

glasess-1478812__480

実は 私もごたぶんにもれず、大量の基礎化粧品を次から次へと
試していたころがあった。

いわゆる コスメジプシーと言われる状態。

どんな新商品を使っても しばらくしてまた新しい新商品が出ると

「今度こそ・・・・」って期待してまた買ってしまう。

「いまいち・・」
「なんかカユイ??」
「大して変わりなし」

「次へ行く! 今度こそ運命の男、コスメに巡り合えるはず・・・」

その繰り返しだった。
使い切らないで捨てたコスメは
どれくらいあっただろう・・・・・・もったいない 涙

さらに、自分が乾燥肌という自覚がなく、一時期、
「ビタミンCの粉末を水に溶かしてシートパックにして、美顔器でイオン導入する」
という美容を熱心にしていた時がある。

これが最悪だった。

ビタミンCは皮脂が多いニキビ肌の人にはいいが、乾燥肌には逆効果。
案の定、私の肌が砂漠化し、
人生最悪のヒドイ肌になってしまったのである。

こんなに必死にお手入れしているのに、
全く肌は良くならない。

そんな時、
「ひょっとして、上から塗る基礎コスメって
実はあんまり大きな意味がないんじゃ・・・」と気付き始めるのである。

肌断食をするようになったきっかけは1冊の本

そんなモヤモヤに苦しみ、汚肌で悩んでいたころ、
以下のドクターの書いた本に出会った。

この本では

「保湿とUVケア以外にスキンケアには意味がない。
化粧品自体に過剰な若返りの期待を寄せない方がいい」

という内容で、昨今の女性たちの過剰なコスメでの手入れを、
著者がバッサリ斬っていらっしゃった。

私は、

「これ、本当にそうかも・・・
 だってこんなに高いコスメで
必死にスキンケアしているのに、ちっとも肌は綺麗にならないもの・・・」

とショックだったのである。

基礎化粧品を断捨離

上記のことをドクターが書いた本を読んで納得した私は

化粧水、乳液、美白美容液、オイル、シートパックをすべて捨てて
保湿クリームONLYにしたのである。

まあ、言ってみれば 基礎化粧品の断捨離である。

結果肌はどうなったのか?

上記基礎化粧品を断捨離してみて
肌はどうなったか?

全く問題なかった。
洗いすぎを止めて、
きちんと保湿と日焼けに気を付けることだけに注力し、

さらに 食事やサプリや腸活で、内側からの美容にシフトしたので
肌は悪くなるどころか、どんどん健康になった。

上から何をあんなに 親の仇のように塗っていたのだろう・・
毎月何万円もつぎ込んで・・・・と唖然としたのである。

肌断食をしてみて気付いた 肌のための3つのポイント

自分で肌断食を試行錯誤して実践した経験から
自分なりに確信したことがある。

次の3つのこと。

■肌の上に塗る化粧品は あくまで化粧品であって 薬ではない。
よって肌を劇的に変えたり、治したりすることにはあまり効果がない。

肌は表面に外部からの異物の侵入を防ぐバリア層があり、
化粧品が肌の真皮まで到達浸透してシミやシワを治すことはない。

■肌は乾燥することが一番ダメ。
乾燥を防ぐことが、基礎化粧品のできる最大の役目であり、
それ以上でもそれ以下でもない。

■肌にもっともダメージを与えるのは日焼け、紫外線。
紫外線を防ぐことが、美肌を保つのにとても重要。

スキンケアは楽しい趣味である?

私の周りにも コスメが大好きで、
新商品が出るたびにフルライン買って
せっせと顔に毎晩毎朝塗っているお手入れ好きの美容好きは多くいる。

彼女たちが嬉しそうに新商品の感想を述べているとき、
こちらまで嬉しくなり、
「コスメが好きなんだなあ」と ほほえましく思う。

それはジャニーズが好き、とかケーキの食べ歩きが好きとか
園芸ガーデニングが好き、といった幸せな趣味の類と何ら変わらず、
女に幸せをもたらすことなのだと 改めて思う。

「女はとにかく、顔に何かを塗るのが心底大好きな生き物なのだ」

と最近とみに思うのだ。

テクスチャーのいい美容液や
染み込みがいいローションなどの
肌への感触を楽しむというのは
女にとってとても大切なことなのだ、という感じがする。

が、しかし、私はもう 基礎コスメをあれこれ何種類も
肌に乗せることを、やめることにしたのである。

とにかく保湿して肌を休ませる

肌というのは 自分で自分を守ろうとする治癒力があり、
夜眠っているときに必死で回復しようとしている。

なのに

そこに上から界面活性剤てんこ盛りの、
ありとあらゆるコスメをすり込んだり、
スクラブでガリガリ角質をけずったり
毛穴をほじくるようなパックをしたり、
美白成分など刺激の強いものをパタパタ押し込んだり

これでは 肌は全く回復出来っこない

と気付いた。

肌は本来自分できちんと水分を抱え込もうとする力があるはずなのに、

そこに 紙に化粧水を染み込ませたものを長時間乗せて
肌を水浸しすることが、果たして肌にとっては

肌の言葉
嬉しいわ、ありがとう

ということなのか・・・?何だか違うんじゃないか?

肌はもう実は

肌の言葉

また何かが肌の上に乗っかってる・・やめてお願い、そっとしておいて、 ほおっておいて。
自分で自分のことはできるから・・・・涙

と悲鳴を上げているのではないかと気付いたのである。

保湿とは 肌をそっと 守ってあげる役目

外気からの刺激から保湿やUVクリームで
肌を そっと守る。

だからその下であとは一人で頑張ってね
それが化粧品の本来の正しい役目じゃないのか?

と気付いた私は「シンプルな本当の肌の保湿」ということを調べ始める。

そこで たどり着いたのが

細胞間脂質

セラミド

バリア層

という3つのキーワードだった。

肌はバリア層が大事

バリア層とは?

肌には表面にバリア層がある。ご存知の方も多いかと思う。

このバリア層は いわゆる角質層のことで、
外部からのいろいろな刺激から肌を守っている。

このバリア層がなくなると、肌は丸裸になってしまい、
大変なことになってしまうのは容易に想像できる。

バリア層がしっかり元気なイメージ↓

(※以下画像は全てクラウンセルクリーム様のサイトよりお借りしました)

クラウンセル2

バリア層が弱くなったイメージ↓

クラウンセル5

このバリア層を健やかに丈夫にすることで、
肌は内部はどうなるか?

バリア層がしっかりして、外部から守られると
肌の内部は刺激を受けないとわかり、
肌は安心して自分の本来の正常な営みをスムーズに行う。

ゆっくりゆっくり。
成長した元気な新しい細胞を生み出す。

クラウン得sル6

逆にバリア層がめちゃくちゃだと、

緊急非常事態!

おちおちターンオーバーしていられないと肌は焦る。
結果、未熟な弱い細胞が急いで作られ、それは敏感肌になったり
水分を保持できないような綺麗でない肌になってしまう。

肌が焦らないように、
本来のスムーズなターンオーバーのリズムを取り戻せるように
この角質、バリア層を きちんと正常に普通にしてあげることが大切。

それが ほかならぬ、肌表面の保湿、バリア層の強化、
ということだとわかった。

バリア層を強くするにはどうしたら?

バリア層が大事なのはわかった。
じゃあ バリア層を強くするにはどうすればいいのか?と調べた。

これは 角質層の中の細胞間脂質をしっかりと
不足しないようにすることだとわかった。

角質層のなかの一つ一つの細胞は
いわゆるレンガのようになっていて、
そのレンガをつなぎとめてまとめ上げている物質がある。

それが有名な細胞間脂質と言われるものである。

クラウンセル3

上記の絵で 一つ一つの角質細胞の間を埋めているのが
細胞間脂質。

この細胞間脂質が不足するとたちまち
細胞はバラバラになって バリアの役目を果たさなくなってしまう。

細胞間脂質ってどうやったら補える?

この細胞間脂質を増やしたり補うことが
肌の保湿に効果的で、バリア層が強くなる、と知った私。

早速 調べてみると、
「セラミド」入りの化粧品で肌にセラミドを補うといいと知る。

セラミドは角質層にある細胞間脂質の主要成分で、水の分子をサンドイッチ状に挟み込み、お肌の潤いを保ちながら体内の水分が外へ状蓮していくことを防いでくれます!また肌の一番外側で角質細胞同士をつなぎとめ、きめを整えてみずみずしさを保つ働きを持っています。

※クラウンセルクリームサイトより引用

そこでいろいろなセラミド入りのクリームを試すことになる。

細胞間脂質とセラミドに着目したクリーム

いろんなドラックストアに売られている物から
有名コスメメーカーの物まで試した。

とある時、見つけた個性的なクリームを使ってみることした。

それが、こちらの

クラウンセルクリーム

DSC_1741

こちら、ネットで 「セラミド」「細胞間脂質」で調べていた時に
出会ったクリーム。

ホームページには わかりやすい説明があり、私の考えていた、

保湿の大切さ、
バリア層の大切さと
アレコレ基礎化粧品を追加して塗りたくることの意味のなさが

わかりやすく書いてあり、

自分の考えている事とぴったりだ!!

と感激したのである。

そこでこちらのクリームを使い始めることになる。

こちらのクリームの詳しい説明とレビューはこちら ↓↓

122.131.83.176

まとめ

気に入った保湿クリームが見つかり、
現在は 快適なシンプルスキンケアライフを送れている。

基礎コスメに手間とお金がかからない分、
サプリメントを飲んだり、 腸活に気を配ったりできるようになった。

その方が肌は元気にある。

肌は食べたもの、口に入れたものから作られている。
本来排出器官である 肌は何かを吸収消化することは出来ない。

これからも 自分の体感、経験を信じて
結果の出る美容にこだわって お手入れを行っていこうと思う。

自分に何が合うのかは人それぞれ。

スキンケアが楽しくて大好き、という方はもちろん
日々 いろんな香りやテクスチャーがいいものを 使ってお手入れするのは暮らしの楽しみ。

ただ、 手入れが面倒、何を塗ってもあまり変化ない、どころか悪化する・・・
とお悩みの方は 私の自身の経験が参考になれば幸いです。

★美容ブロガーさんの記事もいつも楽しみにチェックしています★
★他の美容ブロガーさんの記事も楽しみにチェックしています★

アンチエイジングランキング
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る